トップ / 賃貸マンションと保険

賃貸での一人暮らし情報

賃貸に入居する時は火災保険も

賃貸住宅に入居するときには、敷金や前家賃、仲介手数料とともに、保険料を払うことが多いです。2年契約ならば2万円ほどになります。これは、不動産の仲介業者があっせんした保険会社の火災保険を勧めているだけで、必ずそれでなくてはならないというものではありません。例えば、自分で共済などの掛金の安い保険に加入してもよいのです。賃貸住宅の建物に関しては、家主側で保険に加入していますので、入居者は自分の家財のぶんだけ保険に入ればよいわけです。保険料は月々数百円。何かあったときの「保険」です。忘れずに加入しておきましょう。

火災保険の加入義務について

通常賃貸マンションなどを契約する際には、火災保険に加入することが借主の義務となっている場合が多いです。それ自体は何らおかしなことではなく、むしろ当然のことでしょう。但し、どこの保険に入るか?借りる側としては知り合いに保険屋さんがいれば、そこで加入したいと思うのが普通ですが、不動産屋によっては保険会社指定としているケースがあります。これは賃貸マンションのオーナーや貸主の事情ではなく、不動産屋が保険会社の代理店になっているため、自社の保険手数料を確保するために保険会社指定、つまり自社が代理店をしている保険しか認めませんと言っているにすぎません。これについては、法的な根拠はないので、どうしても知り合いの保険会社で加入したい場合は、その旨説明をして承諾してもらいましょう。