トップ / 賃貸における普通と定期

賃貸での一人暮らし情報

賃貸借契約の種類(定期貸家)

一般的な賃貸の借家契約には「普通」と「定期」の2種類があります。普通借家契約は契約期間を1年以上ないし2年とし、契約期間が満了を迎えても契約を更新する事で住み続ける事ができます。また借主が更新を希望している場合、貸主からの正当な理由なき解約や更新の拒絶を受ける事はありません。対して定期借家契約には賃貸借の更新がなく、貸主の定めた期間になると確実に明け渡さねばなりません。貸主には期間を確定した上で公正証書など書類で契約し、その終了日を借主に説明する義務があります。ただし借主が契約期間の延長を申し入れ、貸主が合意すれば再契約することは可能です。

定期借家契約の注意点

以前はほとんど見かけませんでしたが、最近増えているのが定期借家契約です。普通賃貸借契約とは、どこが違うのでしょうか?文字通り契約が定期なんです。つまり、契約期間が定まった契約と考えればイメージしやすいかと思います。2年なら2年、5年なら5年で契約は終了します。これは、これまでは借地借家法で借主の地位がかなり保護されていたため、貸主としては不誠実な借主を追い出すことも出来ず、また漫然と契約を更新しなければならなかったため、土地の有効活用にも足枷となっていた部分を改めるために最近利用頻度が高まってきました。但し、ほとんどの賃貸の場合は、再契約を認める内容の契約のため、契約期間内に何らの問題も起さなければ、通常は再契約されるのであまり神経質になる必要はないでしょう。